主なカテゴリ

SJACの歩み


  1. HOME
  2. SJACとは
  3. SJACの歩み

本会の歩みと目的

本工業会は、昭和27年(1952年)、我が国の航空工業の再開を機に、任意団体航空工業懇談会として発足し、逐次発展を遂げ、昭和49年(1974年)には航空工業のほか、宇宙開発の分野に加え、通商産業大臣の許可を得て、社団法人日本航空宇宙工業会に改組しました。その後、公益法人制度改革に対応して定款等の修正を行った上で、一般社団法人への移行申請を実施し、平成24年(2012年)に内閣府公益認定等委員会から認可を受け一般社団法人へ移行しました。

本工業会は航空宇宙機器の生産の振興と貿易の拡大を通じて我が国航空宇宙工業の健全な発展を図り、産業の高度化と国民生活の向上に寄与するとともに、世界の航空宇宙産業の健全な発展に貢献することを目的とする民間公益団体であり、現在、我が国の航空機、人工衛星、ロケット及びそれらのエンジンをはじめ、関連機器、素材等の開発、製造修理並びに航空輸送に携わる企業と貿易商社、約140社から構成されております。

事業(定款)

本工業会はこの目的を達成するため、次の事業を行っています。

  • 航空宇宙機器の生産、流通、貿易及び市場に関する調査
  • 航空宇宙機器の製造、修理事業の経営及び技術の改善向上に関する調査研究
  • 航空宇宙機器の生産技術に関する規格基準等の調査研究、作成及び普及
  • 航空宇宙機器に関する資料、情報等の収集、作成並びに提供及び展示
  • 航空宇宙機器に係る関連機関、団体等との連絡及び交流
  • 各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業

本会の歩み(詳細版)を見る