印刷用ページ

AMSスペック等に関するSAEへの意見提言等

2019年7月2日
このほど、特殊工程WGでは、SAEの航空宇宙スペック担当ディレクターと調整を実施し、AMSスペック等について、意見提言や解釈の明確化要請等(以下、提言等)についての活動を実施することになりました。 当WGでは、JAQGメンバー様とSAEの担当部署とを繋ぐ窓口を担当させて頂きます。提言等をご希望の方は、以下の注意事項をご確認のうえ、所定のフォームに必要事項をご入力下さい。(提言等を提出された場合、注意事項にご同意頂いたものとみなします。)

入力については、”メンバー専用ページ” にログイン後、下記URLにアクセスしてください。
URL:http://www.sjac.or.jp/jaqg/member/modules/ccenter/?form=11

注意事項:
・本活動は期間限定の活動となります。活動開始から約半年間(2019年12月下旬までを予定)を予定していますが、状況により、断りなく対象期間を短縮または延長する可能性がありますので、ご了承下さい。
・対象とするスペックは、国内のNadcapの認証取得・維持に必要な、熱処理、化学処理、ショットピーニングなどの航空宇宙用AMSスペック等です。
(具体的には、航空宇宙用の規格等のうち、Committees(委員会) AMS-AM, AMS-K, AMEC, AMSE and AMS-B,D,E,F 及びGの各Committeeで扱われているAMSスペック、リコメンドプラクティス(Aerospace Recommended Practice)等です。)
(各AMSスペック等の最終ページに、当該スペックが作成された委員会が記載されていますので、必要により、ご確認下さい。例:AMS2759(鋼部品の熱処理)の場合、最終ページに、PREPARED BY AMS COMMITTEE “E” AND AMEC と記載されています。)
・今回は、SAEやAMSスペック等についての一般的なご意見は受け付けておりません。
・入力フォームの必須入力項目全てに記入をお願い致します。
・「Request / Feedback /Clarification, etc.」の項では、どれに該当するか、冒頭に記載して下さい。
・記述は英語にてお願いいたします。当WGでは、提言等の日本語から英語への翻訳、及びSAE回答の英語から日本語への翻訳は実施しません。
・提言等の内容については、そのままSAE担当者に転送致します。なお、状況により、発信組織様へ意図の確認等をさせて頂く場合がございます。
・当WGにて、提言等の内容として相応しくないと判断した場合には、SAEへの送付を中止させて頂く場合がございます。
・SAEからの回答については、そのまま発信組織様にお送り致します。
・当WGでは、SAEからの回答内容やその解釈について、コメントや補足説明は致しません。必要により再提言等や追加提言等をお願い致します。
・SAEからの回答内容に関し、当WGで責任を負うものではございません。当該SAE回答内容のNadcap監査等への使用については、発信組織様のご判断の下でお願い致します。
・SAEからの回答内容について、第三者への転送や開示等はお控え下さい。
・頂いた提言等及びSAE回答について、SAEと調整の上、JAQGメンバー専用ホームページや活動報告会などにて公開させて頂く場合がございます。(その際、発信組織様の組織名は記載致しません。) 今回の提言等において、発信組織様の専有情報等は記載されないよう、お願い致します。(「Request / Feedback /Clarification, etc.」及び「Reason / Rationale / Background, etc.」の項には、発信組織様名やそれに類する事項、一般公開された場合に問題となる事項等を記載されないよう、お願い致します。)
・提言等頂いた内容は、当WGでの今後の意見提言活動において使用させて頂く場合がございます。
・その他、本活動に当たり、ご不明の点がございましたら、JAQG問い合わせフォーム(JAQG問合せ[特殊工程/Nadcap])からお問い合わせ下さい。

特殊工程検討WG主査
ページの先頭に戻る